インドアサイクリストのローラー台選び

今年の1月から導入したグロータック q1.1、かなり満足している。

過去に使ったローラー台は以下の2つ

・グロータック gt flex 2

・エリート アリオンマグ

・ミノウラ  モッズローラー

 

○ローラー台の選択について

ローラー台の種類は主に3つに分けられる。

①固定型

②三本型&四本型

③ハイブリット型

 

①固定型

メリット

ローラー台自体の大きさが小さい事

高い静音性

落車の期間が無い事

 

デメリット

ローラー用のホイールが必要

自転車を左右に振る事が出来ない

→自転車側に負荷が掛かる

 

②三本型&四本型

メリット

固定型と比べると実走に近い

バイク側の準備はほぼ不要

 

デメリット

負荷の付いているタイプは高い

収納時にコンパクトに出来ない

落車する可能性がある

 

③ハイブリット型

フロントフォークはローラー台に固定、後輪はフリー

 

メリット

三本ローラーに近い実走感とフォークを固定したことによる安定感

固定型並みの省スペース

 

デメリット

フロントフォークがローラー台に固定されている

 →負荷がヘッドチューブ近辺に集中しているような感覚

思ったよりもバイクは振る事が出来ない

 

ローラー台を選ぶ際のポイント

①予算

②負荷装置の有無

③静音性

④飽きないか

⑤フレームに負荷がかからないか

 

①②③を優先するならば、固定型

①②③に加え④を考慮するとハイブリット型、⑤を考慮すると三本型・四本型を選びたくなる。

 

ローラー台選びは複数種類を体験するのが難しい為、自分に合ったローラー台を選ぶのは難しい。

しかし、自分の気に入ったものであればトレーニングにも集中しやすくなり、より快適なインドアサイクルが出来る。