【自転車】錆びから愛車を守る方法

いつも当ブログを読んで下さりありがとうございます。

 

今日のテーマはサビです。

インドアで自転車を楽しむものにとって大敵の一つはこのサビではないでしょうか?
かくいう自分もサビには悩まされてきました。
どうしてもトレーニング中に出る汗は用意しているタオルでは拭いきれず、気がつくとネジの頭にうっすらサビが発生してしまう事も。

また、外で走る際にもドリンクが溢れてしまったり、走っている途中で、降ってきた雨に自転車を濡らしてしまう事も…

そんなサビから愛車を守る為の手段を考えていきたいと思います。

 

◯そもそもサビって?
日常生活でも、サビに悩まされる場面は少なくはありません。

金属表面に水分がつくと、その水分に接している金属はイオン化してしまいます。
イオン化すると、金属の中の自由電子は水分に取られ、水分に含まれる水酸化物イオンと反応します。
その後、水分が無くなると酸化鉄となります。

じゃあ酸化鉄にさせないためにはどうすればいいのか?
お気づきでしょう。水分と鉄を触れないようにしたら良いわけです。
じゃあ、どうすれば触れさせないように出来るのか?

水分に触れさせないというのは現実的には難しい…

そこで登場するのが防錆スプレーやグリスになるわけです。

 

◯錆びを防ぐ方法
先に述べた通り、錆びを防ぐ為に防錆スプレーやグリスを使用するのですが、自分はデュラグリスを使っています。
但し、手軽さではスプレーの方が良いと思われる為、防錆スプレーも試してみたいと思います。

ここまで読んで下さり、誠にありがとうございました。