【レビュー】兼古製作所・なめたネジはずしビットを使ってみた件

 

f:id:pipilog11:20170829230206j:image

「ネジが…外れたぁぁー!!!」

その瞬間、私は天にも昇るような気持ちに包まれていた…。

 

というわけで今回は兼古製作所の「なめたネジはずしビット」を使って見た感想です。

一言でいうと、最高です。

以上!…ではこの気持ちが伝わらないので、詳しく書いていきたいと思います。

 

目次

 

初めに 

以前、当ブログにて舐めたネジを外す方法を紹介させていただきました。

 

pipilog11.hatenablog.com

 

 

今回の舐めたネジはコレ。

f:id:pipilog11:20170829230007j:image

f:id:pipilog11:20170829230037j:image

 

曲がったディレーラーハンガーを外そうとしたところ、ネジ穴が潰れていたわけです。

このフレームは自分がセカンドオーナーなのですが、前オーナーよ…

皿ネジ+反対側のリヤエンドが影響してドライバーやドリルを真っすぐに使えない、という、とても作業しずらい状況です。

輪ゴム+ドライバーを試すもダメ、手持ちのネジザウルスは皿ネジで頭を掴めません。

途方にくれましたが、何とかするしかない訳で。

最後の手段として、兼古製作所の「なめたネジはずしビット」でネジを外そうと考えました。

 

なめたネジはずしビットの使い方

今回使用したのは以下の道具。

  • 兼古製作所「なめたネジはずしビット」
  • リョービ「CDD-1020F ドライバドリル」
  • KKmoon 「105° コーナーユニット ドリルビット ソケットアダプター」

 

  1. なめたネジはずしビットを電動ドライバードリルのチャックに取り付けるf:id:pipilog11:20170829230113j:image
  2. 潰れたネジ穴に、なめたネジはずしビットのドリル側を垂直になるよう当てる

  3. ドリルの回転方向をを正回転(ドリル後方から見て右回転、時計回り)にして下穴を作る

  4. ビットのドリル側と反対にあるネジ側を入れ替える

  5. 下穴にビットのネジが噛みこんでいることを確認し、ドリルの回転方向を逆回転(反時計回り)に切り替えてスイッチON

  6. ネジが外れるf:id:pipilog11:20170829230154j:image

 

 

動画がわかりやすいのでご参照を。


ANEX_なめたネジはずしビット_1

 

今回は三種類のビットの内、ドリルは黄色のビットを使用し、ネジは赤色のビットを使用しました。

どうも赤色ビットのドリルで作った下穴では、赤色ビットのネジ側の噛み込み具合(引っかかり具合)がイマイチに感じた為です。

※メーカーはこの使用方法を推奨していないので、あくまで自己責任で!

 

最後に

これまでに使ってきた工具の中でも、ネジザウルスに匹敵する感動を覚えました。

こんなに素敵な工具を作ってくださった兼古製作所様は本当に素晴らしいです。

ありがとうございました!

 

ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました。