【レビュー】sleep meisterを使ってみた

最近、とある自転車乗りの方のブログを拝見した際に「sleep meister」という単語を目にした自分。

気になったので早速調べてみた所、睡眠に関するアプリとの事。

App storeにあったので見てみると、こんな文章が。

f:id:pipilog11:20170731210701p:image

最近、眠りがイマイチ浅いと感じていた自分。

早速ダウンロードしてみて使ってみました。

 

f:id:pipilog11:20170731210849j:image

 

これは面白い!

自分の睡眠がどんな感じなのか、グラフや数字で表示されており、非常に参考になります。

これで見ると、睡眠効率97%…

 

うん?

これはアレだ、たまたま良かったのよ。

 

 

…のハズ…

 

ちなみにこのアプリ、寝言も録音出来るとの事。

寝言録音機能はまだ使ってないので、これは次の機会に。

 

ここまで読んで下さり、誠にありがとうございました。

 

 

 

【自転車】ローラー台トレーニングを始めたきっかけ

このブログでは、ローラー台でのトレーニングを中心としたブログを書いてます。

何故こんなにローラー台でのトレーニングに拘るのか。

今日はそれを書いていきたいと思います。

 

◯きっかけはチーム加入

現在所属しているチームで社会人レーサーとして走り始めた頃、チーム内では仲間同士で三本ローラーによる記録会を行なっていました。

1時間走や20分走等々、チーム内で誰が最も走れるか競うものだったのですが、これに参加したいと思い自分も三本ローラーを購入しました。

その時購入したのがエリート・アリオンマグ(以下アリマグ)でした。

 

それまで三本ローラーは負荷なしの物しか試した事が無く、走り応えのないローラー台だった為直ぐに飽きてしまっていました。

ですが、アリマグは負荷を加える事で走り応えのあるローラー台として使用出来ました。

 

負荷をつける事で、坂道や向かい風を走るような抵抗感と、それに克服する達成感を味わう事が出来た自分は、すっかりローラー台の魅力に虜になっていました。

 

◯ローラー台トレーニングに拘る理由

さて、自分がローラー台トレーニングにここまで拘る理由ですが、それは無駄が無いことです。

 

例えば外に走りに行く場合、目的地までの往復の時間に加え、走り出すまでの用意する時間がかかります。

ローラー台であれば、自転車のウェアに着替える必要も無く、直ぐにアップ〜トレーニングを行う事が出来ます。

 

また、外を走る際には気をつけなければならない安全面でも、ローラー台トレーニングでは気にする必要が殆ど無くなります。

テクニックを身につけるという面ではやや劣りますが、その点を補って余りあるメリットがローラー台トレーニングにはあるので拘る訳です。

 

◯ローラー台トレーニングを更に充実させる方法

ローラー台トレーニングをする上でサイクルコンピュータ(以下サイコン)の存在は欠かせません。

 

通常のサイコンでも良いのですが、練習に際し、メニューを自動的に表示出来たり、過去のデータをログとして残すことが出来るサイコンがあればベターです。

 

自分はガーミン・edge500を使用していました。

このモデルは練習メニューをサイコン上で作成出来たり、狙った値から外れた場合にアラームが鳴るといった機能を備えていました。

勿論、パソコン上にログを移してデータを確認する事も可能で、非常に優れたサイコンでした。

 

以上、今回はローラー台トレーニングに拘る理由について書かせて頂きました。

ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

【自転車】真夏の夜のローラー台

今日のメニュー

5分アップ→10分ミドル走→5分ダウン→1.5分SFR×3

 

SFRの時はハンドルは殆ど持たずに行う。

腹筋でペダリングを行う感覚。

深い前傾姿勢で乗れるようになりたい。

【自転車】「自転車に乗るとEDになるって本当ですか?」

自転車乗りの男性の方は一度は聞いた事があるかもしれない、このハナシ。

 

 

米国泌尿器学会で今年発表された研究で、この疑問に対する答えが示されていた。

 

結論を言うと、

①自転車でEDになるリスクが増える訳ではない

②でもしびれを感じる人は多い

③しびれはサドルの形状によらない

 

このしびれ、ポジションが出ていれば大分軽減されると思う。

それは自転車に乗るポジションでもあるし、アレのポジションもある。

ちなみに自分はアレのポジションは毎度悩まされる。

特にローラー台に乗る時は。

 

良い解決方法があれば知りたい今日この頃。

 

【自転車】今日も回す

今日もローラー台でトレーニング。

15分の短時間なので、アップ5分→タバタ1セット→ダウン5分。

下ハンでより深い前傾姿勢を意識しつつ走る。

【自転車】本日のノルマ

ローラー台で30分トレーニング。

5分アップの後、10分走を一本、タバタ1セット実施。

10分走は3.7W/kgを記録。

一日ぶりだったからか、乗り始めはポジションがイマイチしっくりこなかった。

 

腹直筋を意識し、苦しいところでドローイングするように腹式呼吸て漕いでいく。

 

タバタ後に練習を振り返りつつ、今後の練習方法について考える。

○○ワット、○○km/hで1分後に××ワット、××km/hで2分、△△ワット以下で1分レスト、というやり方のほうが実戦的かなと。

 

【自転車】少しずつ、積み重ねる

今日もローラー台で30分トレーニング。

5分アップの後、10分走を一本、タバタ1セット実施。

10分走は3.7W/kgを記録。

4倍に乗せるのが当面の目標なので、少しずつ積み重ねていく。

 

今日は腹直筋を意識して漕いでいく。

足の筋肉で足を動かすのでは無く、腹直筋で足を動かすイメージで。